無料で相談する

ビーコンとスマートフォンで
在院時間を自動でデータ化・勤務表出力

医療や看護師の勤怠管理を効率化する医療現場向け Beacapp Here Hospital

医療従事者の正確な労働時間の把握と
働き方改革をビーコンで実現!

\ 医療現場の働き方改革に最適です /

Beacapp Here Hospitalの
特長

  • 1

    医師の打刻不要で
    労働時間を自動収集

    タイムカードによる打刻行為なしで勤怠記録可能

  • 2

    専用Windows
    アプリで
    勤務表出力

    毎月の出退勤時間と滞在場所を表示、在院時間をデータ化可能

  • 3

    蓄積された行動データを
    分析・レポート出力

    グラフで勤務時間の内訳、日別勤務時間が見える化可能

  • 4

    施設のマップ上に、
    利用者ごとの導線を可視化

    職員の動線を可視化することで、適切な動線確保や施設の設計に活用可能

  • 5

    場所ごとの利用度を
    時間帯ごとに可視化

    院内における活用度の高いエリアを可視化し、エリア/場所の必要性を分析

  • 6

    導入コストを抑え、
    早期での導入

    安価な端末と簡易な導入方法により早期導入が可能

*ビーコンによる位置情報の把握については、
精度を100%保証するものではありません。

Beacapp Here Hospital

ビーコンとスマートフォンを利用して、病院内の行動データを分析、活用ができるクラウドサービスです。
医師の勤怠記録や看護師の業務量調査、医療機器の所在データの分析が可能となり、業務の効率化に貢献しています。

このような問題を
Beacapp Here Hospitalが
解決します

  • 医師の労働時間把握

    医師の打刻率が低く、勤務実態を把握できていない。
    中抜けの時間や、勤務時間と自己研鑽の時間の区別が難しく管理できていない。

  • 医療従事者の居場所把握

    医師や看護師の居場所を把握したい。
    定期的に行動データを分析して業務量を調査したい。

  • 医療機器の場所把握

    医療機器が院内のどこにあるのか、所在場所を把握したい。棚卸し作業を効率化したい。

  • 看護師の業務量調査

    看護師が勤務時間中に、どこにどれくらい滞在しているのか、また移動経路を把握したい。業務量を把握して、業務の必要性や効率化の見直しをしたい。

ビーコンを使った
独自の位置情報判定機能を搭載

ビーコンとは、Bluetooth Low Energy(BLE)の信号を1秒に数回、半径約30mの範囲内に発信する端末のことです。ビーコンを配置したエリア内にBecappHereのアプリをインストールしたスマートフォンがBLE信号を検知すると、独自のアルゴリズムで利用者の位置情報を判定することができます。

医療現場の位置情報サービスならお気軽にご相談ください。

医療従事者の正確な労働時間の把握と
働き方改革をビーコンで実現!

\ 医療現場の働き方改革に最適です /

工事不要の
かんたん導入!

Beacapp Here Hospitalなら
コストを抑えた
スピーディーな導入が可能です

検討から最短2ヶ月で運用開始!
  • STEP1

    マップ準備

  • STEP2

    現地調査ビーコン
    設置個数確定

  • STEP3

    ビーコン
    設置作業
    検証

  • STEP4

    アプリ
    インストール
    運用開始

医療・病院での活用事例

  • 東京慈恵会医科大学
    先端医療情報技術研究部

    東京慈恵会医科大学附属病院では2015年から業務用端末としてスマートフォンを利用しており、積極的に情報発信を行うなど医療現場へのIT化に貢献してまいりました。

    株式会社ビーキャップと行った共同研究ではこれまで十分には可視化できていなかった勤怠情報が、ビーコンにより現場にデータ収集の負担をかけない形で可能となり、医療人材を過労等から守っていくうえで重要な一歩が踏み出せたと考えております。

  • 医療業 INTERVIEW
    芳賀赤十字病院

    医師の健康確保措置を見据えて、

    病院長主導で進める医師の働き方改革

    必要なのは医師の自己申告に頼らない勤務実態の把握

    利用者数

    80

    検知エリア数

    52箇所

PREV NEXT

医療現場の位置情報サービスならお気軽にご相談ください。

医療従事者の正確な労働時間の把握と
働き方改革をビーコンで実現!

\ 医療現場の働き方改革に最適です /

他ソリューションとの連携

  • PHONE APPLI PLACE × Beacapp Here

    PHONE APPLI PLACE × Beacapp Here PHONE APPLI PLACEで
    社員の位置情報が把握可能に!

    • 位置情報で探し人の所在地を特定
    • 所持地に合わせたコミュニケーション方法をPHONE APPLI PLACEの機能から選択可能
  • Teamsで社員(人)や備品(モノ)のいい情報がわかるTeams App「Beacapp Here」登場

    Teams × Beacapp Here Beacappで所在地確認後シームレスにTeams Appでのチャットに移行

    • ワンタップでBeacapp Hereユーザー画面からTeamsチャットへの遷移が可能
    • Teams Botが、探し人が特定の場所に訪れたことをお知らせ

オプションもご用意しております

  • Option 追加オプション 自動レポート

    職員の行動を可視化!
    医師の働き方の
    マネジメントをサポート!

    • 導線分析・ヒートマップでの行動経路・
      エリア稼働状況をグラフで把握
    • 各医師毎の勤務実態を把握
    • 日付単位・部署単位など詳細な分析が可能
  • Option 追加オプション Beacapp TAG

    医療機器の位置を把握!
    在庫管理・棚卸しの
    効率化や紛失防止に!

    • PCでもスマートフォンでも医療機器の位置を確認可能
    • 従来の屋内測定方式よりも短期間・低コストで導入可能
    • ビーコンの電池交換時期にCSがアラート
  • Option 追加オプション 既存勤怠システム
    カスタマイズ

    出退勤時刻を
    位置データで正確に自動記録!

    • ご利用中の勤怠管理システムで、位置データを元にした出退勤記録を実現
    • API連携とcsvデータ読み込みに対応
    • データ項目をご利用の勤怠管理システムに合わせてカスタマイズ

よくある質問

  • 位置情報システムの導入について、プライバシーが守られるのか不安です。

    屋内位置情報の追跡ではなく、各エリアへの入退室記録を自動化したものです。GPSとは異なり、業務時間外も様々な場所で位置データを収集する訳ではなく、病院へ出勤した際に、どのエリアに入ったのか、という記録を蓄積しております。
    休憩にあたるエリアもお手洗いや更衣室などには基本的に設置はしておりません​。

    なお、業務時間内の位置情報の取得に関する適法性については、「業務時間に限定すること」「労務管理を目的とすること」「何をしているかまでは分からない=プライバシー侵害の容態でないこと」の3点を満たすことで、業務命令として適法に行うことができます。

  • 個人情報がクラウドサービスから漏洩してしまうのではないか、心配です。

    クラウド上には医師の個人情報を含まない形式でデータを保存しているため、ご安心ください。

  • 病院内のインターネットに接続可能なWi-Fiに影響を与えてしまわないか心配です。

    Beacapp Here Hospitalは、スマホにインストールしているアプリがビーコン信号(Bluetooth)を検知して、スマホのキャリア回線を通じでインターネット上のクラウドにデータを送信しています。
    そのため、院内のWi-Fiへの影響はありません。

  • どのような場所にビーコンを設置しているのか、イメージが湧きません。電源工事なども必要なのでしょうか。

    ビーコンは電源不要、工事不要で、専用両面テープで貼るだけの簡単な作業です。
    設置箇所によって、ビーコンの検知精度が変わるため、事前にマップを提供いただき、設置箇所を想定し、現地の環境を確認しながらビーコン設置作業を実施しております。

  • バッテリーの減りが速くなったりしませんか?

    バッテリーの減りは、スマホのバッテリー劣化状況によって異なりますが、平均で1時間あたり2~3%の消費です。

Beacapp Here Hospitalに関する
お問い合わせはこちら

以下のフォームに、お客様の情報とお問い合わせを
入力し送信してください。

お問い合わせをする 送信