beacapp HERE PRO
ワーカーの行動可視化!オフィス分析の決定版!

beacapp Here PRO

追加オプション
蓄積された検知情報はWEB上のダッシュボードでグラフ化。
日付単位・部署単位など詳細な分析を行うことができます。
PREV NEXT
開発協力:
三井デザインテック

特徴

  • プロのオフィス
    コンサルが監修
    共同開発をおこなった三井デザインテックの監修のもと、オフィスコンサルティングに用いられる様々な分析を網羅。
  • 豊富な6つの
    レポートに対応
    執務エリアや会議室などのスペースの稼働率のみでなく、部署別の活動内容や部署間、世代間の交流度などワーカーの働き方までを見える化。
  • ビーコンを設置
    するだけの簡単導入
    スマホがあればビーコンとセンサーを設置するだけの簡単導入。人の手で行うオフィス調査に比べ、より深い長期間の調査が可能。
  • 人力調査と比較して
    半額以下の低コスト
    以前のオフィス調査と比較し、半額以下の低コストを実現

分析レポート一覧

  • 働き方分析
    自分、あるいは特定の部署がオフィスのどこに滞在して業務をしているのかを分析し、働き方や部署ごとの利用スペースの偏りを可視化します。
  • 在館・在席率
    拠点ごとに、全体の何パーセントが拠点に滞在していたのか、日別、時間帯別に可視化します。オフィス移転の際の在席数算出に用いられます。
  • 在館・在席率時間推移
    部署別の在館・在席率の時間推移を可視化し、ピークの時間帯がどこなのかを分析します。
  • スペース稼働率
    会議室やオープンミーティングエリアなど、主に打ち合わせに利用されるスペースの稼働率を可視化します。センサーの活用により精度を高めることも可能です。
  • スペース稼働率時間推移
    会議室やオープンミーティングエリアなどの時間・日単位の時間推移を可視化します。何曜日のどの時間帯の利用が多いかを分析し運用にフィードバックします。
  • 遭遇量調査(部署)
    部署間の遭遇時間、遭遇割合を分析し、部署間の交流の度合いを可視化します。レイアウト変更や部署の統廃合の際の参考データとして用いられます。

利用プラン

エディション beacapp HERE PRO beacapp HERE PRO Lite
利用方法 短期調査向き
(2ヶ月が目安)
長期で施設の稼働率のみを
把握したいユーザー向き
スペース稼働分析
働き方分析
在席・在館分析 ×
遭遇量分析 ×
特長 オフィス移転などの際に、利用状況をあらゆる角度で詳細に分析したいユーザー向きのフルパッケージ版 最もニーズの高いファシリティの利用率や働く場所のみを、長期間に亘って把握したいユーザー向きのLite版

料金

利用者500名の場合
エディション beacapp HERE PRO beacapp HERE PRO Lite
環境構築費 400,000円 300,000円
月額利用料 250,000円 50,000円
※上記に加え、ビーコン端末の設置数に応じて設置費用が必要です。​
※短期利用の場合、一部利用料が上がるケースがあります。​
beacapp Here 、その他オプション料金は
下記をご確認ください。
料金を詳しく見る