IT導入補助金2022 導入補助金利用で最大1/2補助

オフィスの可視化をサポートする
“BeacappHere”は、
IT導入補助金2022が使えます!

スピーディーな導入で
あらゆる現場や問題を可視化する
BeacappHere。

是非この機会に補助金を活用し
導入をご検討ください!

IT導入補助金2022 概要

IT導入補助金は、中小企業小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。

自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていただくことを目的としています。

対象期間・手続

■交付申請期間

2022331日(木)から受付開始

※終了時期は後日案内予定。

■予定締切日

  • 1次締切分:2022516日(月)17:00
  • 2次締切分:2022613日(月)17:00
  • 3次締切分:2022711日(月)17:00
  • 4次締切分:202288日(月)17:00
  • 5次締切分:202295日(月)17:00
  • 6次締切分:2022103日(月)17:00

※以降、順次締切が設定される予定。

※導入のお申込みは締切日の2週間前までにお申込みください。受付後、申請手続きをサポートいたします。

対象企業について

中小企業、小規模事業者、卸売業、小売業、製造業、サービス業など、多くの業種が対象となっています。

詳しくは下記をご確認ください。

補助金額について

補助金額は、対象製品の購入金額に対して最大1/2までとなります。下限30万円、上限は150万円となります。

申請可能な種類は、通常枠A類型です。

詳しくは下記をご確認ください。

補助金額30万円~150万円(通常枠A類型)の場合の補助金額

IT導入補助金 活用ステップ

「IT導入補助金」は、申請・審査を行い交付決定してから導入する制度です。

まずはどのようにBeacapp Hereを活用できるかご相談ください。

※交付決定の連絡が届く前に契約・発注・納品・支払等を行った場合は、補助金の交付を受けることができません。

IT導入補助金の活用フロー

IT導入補助金
BeacappHere活用シュミレーション

Beacapp Hereを
1年間ご契約いただいた場合

IT導入補助金2022

年間1,808,800円が
導入補助金利用で導入費用が
最大1/2に!

※補助金額については、交付申請後の事業者による採択で決定します。

<例>iPhone持ち歩き/利用者数:150名/
可視化フロア面積:1,000㎡ の場合

(内訳)
  • ・初期導入費用:608,800円
  • ・月額利用料 :100,000円×12ヶ月=1,200,000円

導入のご相談・お申し込みはこちらから

お問い合わせフォームへ

BeacappHere活用事例紹介

BeacappHereは、オフィスや建設、医療の現場などのあらゆる現場で、「人」や「モノ」の動きを可視化する屋内位置情報サービスです。

目では捉えられない「動き」の可視化で、勤怠管理や労務管理の効率化、社内スペースの最適化、さらに社員間のコミュニケーションを円滑化し、生産性の向上を目指します。

災害時の安全確認や、感染症発生時の濃厚接触者抽出作業の短縮化についてもその力を発揮できます。

性能や効果の柔軟性に比較して、導入の手軽さと月額利用料が10万円と安価なところが魅力のツールです。

以下の活用事例を参考に、ぜひBeacappHereの導入をご検討ください。

  • オフィス・家具メーカー INTERVIEW
    コクヨ株式会社

    New Normalな働き方をするためにオフィスをリニューアル
    社員の所在や感染防止などに活用

    利用者数

    2,000

    検知エリア数

    1,000箇所

  • 事務機販売 INTERVIEW
    リコージャパン株式会社
    宮城支社

    1フロアのフリーアドレス化に伴い
    コストパフォーマンスと柔軟性に優れた
    Beacapp Hereを採用

    利用者数

    300

    検知エリア数

    30箇所

導入のご相談・お申し込みはこちらから