2024/04/02

会議室が足りない原因とは?会議室難民を救う管理方法を徹底解説!

Pocket

日々の業務の中でも頻繁に利用するのが会議室。しかしながら、リモートワークからのオフィス回帰で会議室が足りなくなる企業が続出しています。会議室の利用は企業の生産性に大きく影響を及ぼすため、常に効率的な利用が求められます。

そこで本記事では、会議室が足りなくなる原因や解決策について詳しく解説します。

 

本記事をお読みいただくことで、会議室の効率的な活用方法についての理解を深めることができますので、是非とも最後までお読みください。

 

無料ダウンロード

 

会議室が足りない原因

オフィスに戻る動きが加速する中で、多くの企業が直面している問題の一つが「会議室不足」です。では、なぜ会議室が足りなくなるのでしょうか。主に下記のような原因があります。

 

  • ・会議室数が少ない
  • ・会議のサイズが合っていない
  • ・対面ではなくてもできる会議に利用されている
  • ・会議が予定時間内に終わらない
  • ・空予約・仮予約が発生している
  • ・会議室利用のルールが定まっていない

 

ここでは、各原因について詳しく解説していきます。

 

会議室数が少ない

会議室が足りない最も基本的な原因は、単純に会議室の数が不足していることにあります。

 

特に、リモートワークの普及に伴い、オフィスに戻ってきた従業員が増える中で、会議室の需要は以前にも増して高まっています。しかし、オフィスのスペースは限られており、新たに会議室を増やすことは容易ではありません。

 

また、企業の成長に伴い従業員数が増加しても、そのスピードに会議室の数が追いつかないケースも少なくありません。会議室が不足すると、予定していた会議が開けなかったり、場所を探す時間が無駄になったりと、業務の効率が大きく損なわれます。

 

会議のサイズが合っていない

会議室が足りない一つの大きな原因は、会議のサイズが会議室のキャパシティと合っていないことにあります。

 

例えば、少人数でのミーティングに大きな会議室を使用してしまうと、その分、大人数が必要な会議のためのスペースが不足してしまいます。

 

逆に、多くの参加者を想定した会議に小さな部屋を使うと、狭苦しさから会議の質が下がる可能性もあります。会議の目的や参加者の人数を事前に把握し、それに適したサイズの会議室を選ぶことが重要です。

 

また、フレキシブルなレイアウト変更が可能な会議室を設けることで、さまざまなサイズの会議に対応できるようにすることも一つの解決策となります。

 

対面ではなくてもできる会議に利用されている

対面が不要な会議に利用されていることも、会議室不足の一因となっています。

 

テクノロジーの進化により、リモートでのコミュニケーションが容易になり、必ずしも対面で行う必要のない会議が増えてきました。にもかかわらず、慣習や社内文化の影響で、対面での会議が選ばれがちです。

 

しかし、このような会議は会議室を占有するだけでなく、参加者の移動時間も発生させ、結果的に生産性の低下を招くことにもなりかねません。

 

会議が予定時間内に終わらない

会議が予定時間内に終わらないことも、会議室不足の一因となっています。

 

時間管理が徹底されていない場合、会議は予定よりも長引きがちです。これにより、次の予約者が会議室を使用できないという問題が発生します。また、会議が長引くことで、参加者の疲労感が増し、生産性の低下を招くこともあります。

 

会議の時間超過は、議題が多すぎる、参加者間での意見の食い違い、明確な議事進行役が不在であるなど、様々な要因が考えられます。これらの問題を解決するためには、事前に議題を絞り込む、意見交換の時間を設ける、進行役を明確にするなどの工夫が必要です。

 

空予約・仮予約が発生している

会議室が足りない一つの大きな原因は、空予約や仮予約の発生です。これは、実際には使用しないにも関わらず、念のために会議室を抑えておく行為を指します。

 

特にプロジェクトの初期段階や、予定が不確定な場合に多く見られます。結果として、必要な時に会議室が利用できず、他のチームの業務に支障をきたすことになります。

 

このような空予約や仮予約は、他の利用者が実際に会議室を必要としている時に、空いているように見えても実際には利用できない状況を作り出します。

 

会議室を予約する際には、実際に使用する意図があることを確認し、仮予約は最小限に留めるべきです。また、予定が変更になった場合には速やかにキャンセルすることで、他の利用者がスムーズに会議室を利用できるよう配慮が求められます。

 

会議室利用のルールが定まっていない

会議室利用のルールが定まっていないという点も原因と言えます。ルールが明確でないことで、誰でも好きな時に会議室を利用できる状況が生まれ、結果として会議室が不足するという事態に陥ります。

 

例えば、会議室の予約が先着順であったり、使用時間に制限がない場合、長時間にわたって会議室が占有されることがあります。

 

また、予約されているものの実際には使われていない「空予約」や、使用するか不確かながらも念のために予約しておく「仮予約」が発生しやすくなります。これらの行為は、他のチームが必要な時に会議室を利用できないという問題を引き起こします。



会議室が足りないことで発生するリスク

会議室が足りないことで発生するリスクは、企業の業務効率に大きな影響を及ぼします。具体的には、次のようなリスクが挙げられます。

 

  • 業務進捗や情報共有ができなくなる
  • 重要な意思決定のスピードが低下する
  • 情報漏えいが起きやすくなる

 

ここでは、各リスクについて解説します。

 

業務進捗や情報共有ができなくなる

会議室が不足すると、業務進捗や情報共有が滞るリスクがあります。

 

特にプロジェクトチームや部署間での連携が必要な場合、適切な場所でのミーティングが行えないことは、計画の遅延や誤解を招く原因となり得ます。

 

また、情報共有が円滑に進まないことで、チームメンバー間の意識のズレが生じ、結果としてプロジェクト全体の質の低下につながることも否定できません。

 

会議室が足りない状況では、急なトラブルや変更に対応するための緊急会議の開催も難しくなります。これにより、問題の早期発見や迅速な解決が遅れ、さらに大きな問題へと発展する可能性が高まります。

 

重要な意思決定のスピードが低下する

会議室が不足すると、組織における意思決定プロセスにも支障をきたします。

 

特に経営層やプロジェクトリーダーが関与する重要な決定が必要な場合、適切なタイミングで会議室を確保できないことは、組織の機動性を大きく損なうことになります。

 

意思決定が遅れることで、市場の変化に迅速に対応する機会を逸するだけでなく、競合他社に先を越されるリスクも高まります。また、戦略的な判断や投資決定が遅れることは、企業の成長機会の損失を意味することにもなりかねません。

 

さらに、意思決定の遅れは社内のモチベーション低下にも繋がります。社員は経営層の迅速な判断を望んでおり、その遅れが繰り返されることで、不信感や不満が蓄積される可能性があります。

 

情報漏えいが起きやすくなる

会議室が不足すると、社内での情報共有が困難になります。その結果、廊下やオープンスペースでの立ち話が増え、重要な情報が漏れるリスクが高まるのです。

 

特に、プライバシーが必要な人事や経営に関わる話題では、不用意な耳に入ることで企業にとっての損失につながる可能性があります。

 

また、適切な会議室が確保できないことで、外部のカフェやレストランでの打ち合わせが増えることもあります。こうした公共の場での会話は、第三者に聞かれる危険性が高く、情報漏えいのリスクをさらに拡大させます。

 


会議室が足りない問題を解決する方法

会議室が足りない問題には、次にあげるような方法で解決に向かうことが可能です。

 

    • ・会議室の予約管理システムを導入
    • ・会議スペースの増設
    • ・コワーキングスペースの利用
    • ・WEB会議システムの導入
    • ・チャットツールの導入
    • ・会議ルールの設定

     

    ここでは、それぞれの方法について解説していきます。

     

    会議室の予約管理システムを導入

    会議室が足りない問題を解決するための一つの有効な手段が、会議室の予約管理システムの導入です。

     

    このシステムを利用することで、会議室の空き状況が一目でわかり、予約の重複や無駄な空予約を防ぐことができます。また、利用者がオンラインでリアルタイムに予約状況を確認できるため、急な会議の設定や変更にも柔軟に対応することが可能になります。

     

    予約管理システムには、利用者のニーズに合わせた様々な機能が備わっています。

     

    例えば、会議室のサイズや設備に応じた検索機能、自動的に最適な会議室を提案する機能、会議の開始・終了時間を自動で通知するリマインダー機能などがあります。これらの機能を活用することで、会議室の利用効率を大幅に向上させることができます。

     

    参考: Beacapp Here(屋内位置情報サービス) | 所在地見える化でオフィス内の在席管理

     

    会議スペースの増設

    会議室が不足している問題を解決する一つの方法として、「会議スペースの増設」が挙げられます。

     

    会議室の数が物理的に不足している場合、新たなスペースを作り出すことで、会議室難民を減らし、業務の効率化を図ることができます。

     

    増設には、既存のオフィススペースを再編する方法や、新たに物件を借りるなどの方法があります。再編の場合は、個人の作業スペースをコンパクトにすることで、会議用のスペースを確保することが可能です。

     

    また、フレキシブルなレイアウトを採用することで、必要に応じて会議スペースとしても使える多目的なエリアを作ることも一つの手です。

     

    参考: 施設の利用状況把握からオフィス環境整備に役立つ屋内位置情報サービスBeacapp Here

     

    コワーキングスペースの利用

    コワーキングスペースの利用は、会議室が不足している問題を解決する有効な手段の一つです。コワーキングスペースとは、複数の企業や個人が共同で使用するオフィススペースのことを指し、会議室やデスクワークスペースなどが設けられています。

     

    これらのスペースは、通常のオフィスに比べて柔軟な利用が可能であり、必要な時に必要なだけスペースを借りることができるため、コスト効率も良いとされています。

     

    特に、会議室が足りないという状況では、社内の会議室が全て予約で埋まってしまっている場合でも、外部のコワーキングスペースを利用することで、スムーズに会議を行うことが可能です。

     

    WEB会議システムの導入

    会議室が不足している問題を解決するための一つの有効な手段が、WEB会議システムの導入です。

     

    WEB会議システムを活用することで、物理的な会議室が不足している状況でも、インターネットを介してどこからでも会議を行うことが可能になります。

     

    特に、リモートワークが普及した現在では、社員がオフィスにいないことが多く、対面での会議の必要性が低下しています。WEB会議システムを導入することで、時間と場所を選ばずに柔軟なコミュニケーションが実現し、会議室の予約競争を軽減することができるのです。

     

    また、WEB会議システムは、参加者が遠隔地にいる場合のコスト削減にも寄与します。出張の必要がなくなるため、交通費や宿泊費などの経費を削減できるだけでなく、移動時間が不要になることで、より生産的な時間の使い方が可能になります。

     

    チャットツールの導入

    会議室が足りない問題を解決する一つの方法として、チャットツールの導入が挙げられます。

     

    チャットツールを活用することで、短い確認事項や簡単な質問など、対面で行う必要がないコミュニケーションをオンラインで済ませることができます。

     

    これにより、会議室を使用する頻度を減らし、限られたスペースをより重要な会議のために確保することが可能になります。

     

    また、チャットツールは時間や場所を選ばずに情報共有が行えるため、リモートワークやフレックスタイム制を導入している企業にとっても有効です。従業員間のコミュニケーションを活性化させ、業務の効率化を図ることができます。

     

    さらに、チャットツールには履歴が残るため、後から確認することができるというメリットもあります。これにより、口頭でのやり取りで生じがちな認識の齟齬を防ぎ、スムーズな業務進行に寄与します。

     

    会議ルールの設定

    会議室が足りない問題を解決するためには、会議ルールの明確な設定が欠かせません。

     

    会議ルールを設けることで、会議室の利用がより効率的になり、空予約などの無駄な予約や会議の長引きを防ぐことができます。

     

    まず、会議の目的や必要性を明確にし、それに基づいて最適な会議室を選ぶことが重要です。また、会議の時間帯や時間制限を設けることで、他のチームも会議室をスムーズに利用できるようになります。

     

    さらに、会議の参加者は必要最小限に抑え、対面での会議が本当に必要かどうかを事前に検討することも大切です。

     

    会議ルールを社内で共有し、全員がそれを遵守する文化を作ることが、会議室難民を救う鍵となります。効率的な会議室の利用は、企業の生産性向上に直結するため、ルール作りには十分な配慮が必要です。

     

    参考: 会議室の空予約防止に役立つ屋内位置情報サービスBeacapp Here

     


    会議室管理にも役立つ位置情報サービスBeacapp Here

  • 会議室が足りない問題を解決するためには、会議室の利用状況をリアルタイムで把握し、効率的に管理することが不可欠です。

     

    その一助となるのが、位置情報サービス「Beacapp Here」です。Beacapp Hereは、ビーコンとスマートフォンを活用して、会議室やオープンスペースなどのあらゆるスペースの使用状況を把握することができます。

     

    Beacapp Hereは単なる位置情報サービスにとどまらず、会議室の効率的な管理と利用を実現するための強力なツールとなり得ます。会議室難民を救うためにも、Beacapp Hereの導入がおすすめです。

     

    参考: Beacapp Here(屋内位置情報サービス) | 所在地見える化でオフィス内の在席管理

     

    まとめ

    本記事では、会議室が足りない原因とその解決策について詳しく解説しました。

     

    会議室数が不足している、会議のサイズが適切でない、対面が不要な会議に会議室が使用されている、会議が予定時間内に終わらない、空予約や仮予約が発生している、そして会議室利用のルールが確立されていないことが、会議室が足りない主な原因です。

     

    これらの問題を解決するためには、会議室の予約管理システムの導入、会議スペースの増設、コワーキングスペースやWEB会議システムの利用、チャットツールの導入、そして会議ルールの明確化が有効です。

     

    特に位置情報サービス「Beacapp Here」の導入は、会議室の使用状況をリアルタイムで把握し、効率的な管理を実現するための強力なサポートとなります。

 


▶︎株式会社ビーキャップ

https://jp.beacapp-here.com/corporate/

 

▶︎Beacapp Here|ホームページ

https://jp.beacapp-here.com/

 

▶︎Beacapp Here|Facebook

https://www.facebook.com/BeacappHERE/

 

▶︎Beacapp Here|Youtube

https://www.youtube.com/channel/UCSJTdr2PlEQ_L9VLshmx2gg

Pocket