2024/04/02

会議に集中できる平均時間とは?会議時間を短縮する方法を解説!

Pocket

日々の業務の中で会議時間が延びたりし、円滑に業務を進められない局面を経験されてきた方は多いのではないでしょうか。日常の業務の中で多くの時間を占める会議では効率的な進行が求められるはずです。


そこで本記事では、会議に集中できる時間や会議時間の短縮方法について詳しく解説します。

 

本記事をお読みいただくことで、会議時間を短縮する方法について理解を深めることができますので、是非とも最後までお読みください。

 

無料ダウンロード

 


会議の時間が延びる原因

会議の時間が延びる原因には、下記の3つが挙げられます。

 

  • ・会議の目的が不明確
  • ・会議のテーマが不明確
  • ・会議の段取りが悪い

 

ここでは、それぞれの原因について詳しく解説していきます。

 

会議の目的が不明確

会議の目的が不明確であると、参加者は何に焦点を当てて議論すべきかを見失いがちです。

 

目的がはっきりしていない会議は、参加者の関心を引きつけることが難しく、結果として生産性の低下を招きます。また、目的が明確でないと、会議の結果が具体的な行動につながらないことが多く、時間の無駄に終わることも少なくありません。

 

目的を明確にするためには、会議の招集時に「何を解決するための会議なのか」「この会議を通じて達成したいことは何か」を明記し、参加者に共有することが重要です。

 

会議のテーマが不明確

会議のテーマが不明確であることは、会議時間が延びる大きな原因の一つです。テーマが明確でないと、参加者が何について話し合うべきかを理解できず、結果として話題が散漫になりがちです。

 

また、テーマが不明確な会議は、目的を達成したかどうかの判断も難しくなります。

 

効率的な会議を行うためには、事前にテーマを明確に設定し、それを参加者に明示することが重要です。テーマが明確であれば、参加者はそのテーマに沿った準備をすることができ、会議中も焦点を絞った議論が可能になります。

 

会議の段取りが悪い

会議の段取りが悪いことは、時間の無駄遣いに直結します。

 

良い段取りとは、会議の流れを明確にし、参加者が何をすべきかを事前に理解している状態を指します。しかし、実際には議題が飛び交い、目的がぼやけ、結果的に会議が長引いてしまうことが少なくありません。

 

会議の段取りが悪いと、参加者は自分の役割や発言すべきタイミングを見失いがちです。また、会議の進行が計画的でないために、重要な議題が後回しになったり、時間内に終わらないこともあります。これらはすべて、会議の効率を下げる要因となり、生産性の低下を招くのです。

 


会議に集中できる時間とは?

会議に集中できる時間とは、一体どれくらいなのでしょうか。多くの研究によると、人間の集中力は時間と共に低下することが知られています。特に、会議という状況下では、参加者の注意力が散漫になりやすく、効率的な意思決定が難しくなることがあります。

 

ここでは、会議に集中できる時間について解説します。

 

理想的な会議の長さ: 1時間程度

理想的な会議の長さは、集中力を維持し、生産性を高めるためには1時間程度が望ましいとされています。

 

この時間内であれば、参加者は議題に対して集中しやすく、また、疲労感を感じることなく活発な議論が可能です。実際に、多くの企業や組織では、会議の時間を1時間以内に設定することで、効率的な意思決定を図っています。

 

1時間という時間設定は、人間の注意力の持続時間とも相関があります。心理学の研究によれば、集中力は一定のリズムで変動し、約50分から1時間ごとに休憩を取ることで、その後の集中力が回復するとされています。このリズムに合わせて会議の長さを設定することで、参加者の集中力を最大限に活かすことができるのです。

 

好ましくない会議の長さ: 90分以上はNG

会議が長引くと、参加者の集中力が低下し、生産性が著しく落ちてしまうことがあります。特に90分を超える会議は、多くの専門家が非効率であると指摘しています。

 

人間の集中力は限られており、長時間にわたる会議では疲労が蓄積し、議論の質も下がりがちです。

 

また、会議が長引くことで、その後の業務にも影響を及ぼす可能性があります。会議後には、決定事項の実行や他のタスクへの移行が必要ですが、長時間の会議で疲弊してしまうと、これらの作業の効率も低下します。

 

効果的な会議を実施するためには、90分を超えないように意識し、必要に応じて休憩を取り入れるなどの工夫が求められます。

 

集中できる会議の時間帯

会議の効率を左右する重要な要素の一つに、会議を行う時間帯があります。ここでは、会議に集中できる時間帯について詳しく解説します。

 

理想的な会議の時間帯

会議の効率を左右する重要な要素の一つに、会議の時間帯があります。人の集中力には個人差がありますが、一般的には午前中が最も集中力が高いとされています。

 

特に午前9時から11時の間は、一日の中で最も頭が冴え、クリエイティブな思考が可能になる時間帯です。この時間帯に会議を設定することで、参加者の意見交換が活発になり、生産的な議論が期待できます。

 

また、昼食後の午後1時から3時の間も、比較的集中力が戻ってくる時間帯とされています。ただし、個人によっては午後の低迷期に当たるため、この時間帯の会議は参加者の体調や習慣を考慮する必要があります。

 

避けたい会議の時間帯

避けたい会議の時間帯として、特に注意すべきは午後3時以降です。この時間帯は、一般的に人の集中力が低下し始めるため、会議の効率も落ちがちになります。特に、午後の遅い時間に設定された会議は、参加者の疲労感が増し、議論の質が下がる傾向にあります。

 

また、午前中の集中力が高い時間帯を過ぎると、人は自然とエネルギーレベルが下がります。そのため、昼食後すぐの会議も避けた方が良いでしょう。食後の眠気を感じやすい人も多く、会議に臨む姿勢が乱れる原因になりかねません。


会議時間を短縮する方法

会議時間を短縮する方法は、効率的な業務運営において非常に重要です。長引く会議は参加者の集中力を削ぎ、生産性を低下させる原因となります。

 

  • ・会議の進行役を決めておく
  • ・会議の目的を確認する
  • ・終了状態の確認をする
  • ・進め方の確認をする

 

そこで、会議時間を短縮するためのいくつかのポイントを紹介します。

 

会議の進行役を決めておく

会議を効率的に進行させるためには、進行役を事前に決めておくことが重要です。

 

進行役は会議の流れを管理し、話題が脱線しないように注意を促す役割を担います。また、時間管理を徹底し、各議題が予定通りに進むように調整することも進行役の責務です。

 

進行役を設けることで、参加者は自分の意見を述べるタイミングや、他の人の発言に耳を傾けるべきかを明確に把握できます。これにより、会議の目的に沿った効率的な議論が可能になり、結果として会議時間の短縮にもつながります。

 

進行役は、会議の目的と議題を理解していることが前提です。そのため、進行役を選ぶ際には、テーマに精通しているかどうかを考慮することが大切です。また、進行役は参加者からの信頼も必要とされるため、公平かつ冷静な判断ができる人物が望ましいでしょう。

 

会議の目的を確認する

会議の目的を確認することは、会議時間を短縮し、生産性を高める上で非常に重要です。

 

目的が明確でない会議は、参加者の関心を散漫にし、結果として会議の長引きを招く原因となります。会議を始める前には、その会議で達成すべき具体的な目標を設定し、それを全員で共有することが肝心です。

 

目的を明確にすることで、議論が本題から逸れることなく、効率的な意思決定につながります。また、会議の目的が明確であれば、それに沿った適切な参加者を選ぶことができ、不要な人員が会議に参加する時間のロスを防ぐことができます。

 

会議の目的を設定する際には、SMART原則(具体的、測定可能、達成可能、関連性があり、時間的に限定されている)を用いると良いでしょう。これにより、会議の目的が具体的かつ実現可能なものになり、会議後の成果も明確になります。会議の目的を確認し、それを達成するためのアジェンダを事前に準備することで、会議時間の短縮につながるのです。

 

終了状態の確認をする

会議の時間を効率的に管理するためには、「終了状態の確認」が重要です。

 

これは、会議の目的が達成されたかどうかを明確にすることで、無駄な時間を削減するための手法です。会議の開始時には、どのような結果が出れば会議が成功だと言えるのかを参加者全員で共有しましょう。

 

例えば、新しいプロジェクトの立ち上げ会議では、「プロジェクトの目標設定と役割分担の完了」を終了状態として設定します。これにより、参加者は会議の進行中に目的に沿った議論を心がけることができ、余計な話題に時間を取られることなく、効率的に会議を進めることが可能になります。

 

また、会議の終了時には、確認のために「終了状態が達成されたか」を再度全員で確認することが大切です。

 

進め方の確認をする

会議をスムーズに進行させるためには、進め方の確認も欠かせません。

 

これは、会議の流れを事前に計画し、参加者がその流れに沿って議論を進めることができるようにするための手順です。会議の開始前には、議題ごとの時間配分や、どのような手順で進めるかを明確にしておくことが重要です。

 

たとえば、プロジェクトの進捗報告会議では、各担当者が報告する順番や、質疑応答の時間をあらかじめ決めておきます。これにより、参加者は自分の発言時間を意識し、簡潔に要点を伝えることを心がけるようになります。また、進行役は時間管理に注意を払い、予定通りに会議を進めることができるのです。

 

進め方を明確にすることで、会議中に生じがちな余計な議論や脱線を防ぎ、時間内に効率的に会議を終えることが可能になります。会議時間の短縮と集中力の維持には、このような進め方の確認が非常に効果的です。

 

まとめ

会議の時間を短縮し、生産性を高めるためには、いくつかのポイントを押さえることが重要です。本記事では、集中できる会議の平均時間や、会議時間を効率的に管理するための方法について解説しました。

 

理想的な会議時間は1時間程度であり、90分を超える会議は避けるべきであること、また、会議の進行役を決め、目的と終了状態を明確にすることが効率化につながるという点をお伝えしました。

 

会議はチームでのコミュニケーションと意思決定の場として不可欠ですが、長引く会議は参加者の集中力を削ぎ、結果的に業務の効率を下げる原因にもなります。今回ご紹介したポイントを活用して、より生産的な会議を実現しましょう。

 

また、社員の位置情報や稼働状況を把握し、自社の会議室を有効活用したい方には、屋内位置情報サービス「Beacapp Here」の導入がおすすめです。社内施設の使用状況をリアルタイムで把握し、効率的な施設管理を実現することができます。

 


▶︎株式会社ビーキャップ

https://jp.beacapp-here.com/corporate/

 

▶︎Beacapp Here|ホームページ

https://jp.beacapp-here.com/

 

▶︎Beacapp Here|Facebook

https://www.facebook.com/BeacappHERE/

 

▶︎Beacapp Here|Youtube

https://www.youtube.com/channel/UCSJTdr2PlEQ_L9VLshmx2gg

Pocket