2024/03/06

Beacon(ビーコン)とは?意味や仕組み・技術について徹底解説

Pocket

Beacon(ビーコン)技術は、一定距離内にある端末データを相互に受け渡すための技術を指します。近年では、センサーとスマホ端末間でのデータ送信に用いられるなど、ビジネスの文脈においても多くの企業に注目されています。

 

そこで本記事では、ビーコンの仕組みや種類について解説し、具体的な活用事例についても解説します。

 

本記事をお読みいただくことで、ビーコンの技術的特徴や活用方法についての理解を深め、自社の業務改善に活用できるようになりますので、是非とも最後までお読みください。

 

無料ダウンロード

 

Beacon(ビーコン)とは?

 

Beacon(ビーコン)は、一定の時間間隔で無線で信号を発する装置を指し、数十メートル以内での通信を可能にする装置を指します。元々は、灯台からの火によって場所を表す狼煙(のろし)という意味がありました。

ビーコンは、航空・船舶のためのナビゲーションや遭難信号、道路交通、ウェブビーコンなどさまざまな場所で活用されますが、Bluetoothの信号を使って情報を発信する端末やその通信方法を指して用いられることが多いです。

 

Beacon(ビーコン)の仕組み・技術

ビーコンは、無線技術を利用した情報伝達手段であり、数秒に1回、無線で半径数メートルから数十メートルの範囲に信号を発信する技術です。

 

データ発信端末のカバー範囲内に受信可能な端末がある場合に、位置情報をサーバーに送信する仕様になります。

 

 

Beacon(ビーコン)の活用方法

ビーコンは、信号送信範囲が比較的狭いために、ピンポイントに情報送信したり、複数のビーコン端末でユーザー行動やモノの所在地を記録できます。

 

このような有用性から、次のような位置情報サービスで利用されています。

 

  • ・従業員の勤怠管理
  • ・車、バスの位置情報特定
  • ・スマホゲームアプリなど

 

Beacon(ビーコン)が普及した背景

 

ビーコンが普及した理由としては、次の2つが挙げられます。

 

  1. スマホの普及
  2. Bluetooth性能の向上

1つ目の理由として、スマホの普及が挙げられます。ビーコンを活用して位置情報を取得するためには、ビーコンが発する電波を受信する端末が必要となり、この受信用端末としてスマホが活用されるようになりました。Bluetooth搭載のスマホが普及することで、ビーコンや関連アプリも流通するようになりました。

2つ目に、搭載されるBluetoothの性能向上も大きく影響しています。Bluetoothの性能が高くなることで、より広範囲へのデータ送受信が可能となり、ビーコンの利用用途が増加しました。

 

Beacon(ビーコン)活用のメリット

ビーコン活用のメリットとしては、次の4点が挙げられます。

 

  1. 位置測定精度が高い
  2. 幅広いデバイスに対応している
  3. 屋内や地下でも活用できる
  4. 電池消費量が少ない

各内容について説明していきます。

 

メリット1: 位置測定精度が高い

ビーコンは、位置測定精度が極めて高い点が利点となります。

同じ位置情報測定技術であるGPSよりも、信号送信範囲が狭く、かつWi-Fiのように他の信号の影響も受けにくいことから、数cmから数m単位での高精度での位置測定が可能となっています。

 

メリット2: 幅広いデバイスに対応している

ビーコンは、幅広いデバイスに対応している点も特徴です。

専用のアプリやリーダーなどの機器がない場合でも、Bluetoothに対応したデバイスならビーコン電波の受信ができるため利用可能です。このように、端末を選ばないことから導入コストが低い点も利点です。

 

メリット3: 屋内や地下でも活用できる

ビーコンは、屋内や地下でも活用できます。

GPSの場合には、信号間を遮るものが存在しますが、ビーコンの信号は、金属以外は遮るものがありません(注1)。そのため、あらゆるシーンで活用できるメリットがあります。

注1:  電子機器や水、人体に影響する恐れもあるため、一部例外はあります。

 

メリット4: 電池消費量が少ない

ビーコンは、他の位置測位技術よりも電池消費量が少ない点もメリットです。

かつては、Bluetooth対応デバイスの電池消費量が多かったですが、BLE※1などの技術進歩により、ビーコン対応デバイスが長時間利用できるようになっています。

※1: Bluetooth Low Energyの略で、低消費電力の通信モードを指す

 

Beacon(ビーコン)と他の通信機器との違い

ビーコン技術について理解するために、下記2点との違いについて整理していきます。

  1. GPSとビーコンの違い
  2. Wi-Fiとビーコンの違い

各項目について説明していきます。

 

GPSとビーコンの違い

GPSは人工衛星を利用した位置測位システムです。地球規模の広範囲で信号を発信する点が特徴となります。

ビーコンと異なり、信号の発信範囲が広すぎることから、位置測定の精度はビーコンほど高くはありません

また、電池消費量が多く、長時間のサービス利用ができないことから、ビーコンのように手軽に活用できない点が特徴です。

 

Wi-Fiとビーコンの違い

Wi-Fiは、アクセスポイントごとに端末情報を収集する通信技術です。そのため、位置情報の精度はそこまで高くありません

ビーコンに比べると電池の消費量は少ないですが、電波の強弱の調節が難しく、ビーコンほど安定した情報送信はできない点が特徴です。

 

Beacon(ビーコン)の種類

 

主なビーコンの種類としては、次の4つが挙げられます。

 

  1. VICS(道路交通情報通信システム)
  2. 雪崩ビーコン
  3. Webビーコン
  4. iBeacon

各ビーコンについて説明していきます。

 

その1: VICS(道路交通情報通信システム)

VICS(Vehicle Information and Communication System: 道路交通情報通信システム)とは、主に道路に設置されるビーコンです。

高速道路で衛星により広範囲から情報受信する「電波ビーコン」と、一般道の近距離情報を赤外線で受信する「光ビーコン」の2つがあります。

VICSのデータはカーナビで表示されるため、高速道路や一般道路での渋滞軽減や事故の防止などの道路環境の改善に貢献しています。

 

その2: 雪崩ビーコン

雪崩ビーコン(なだれビーコン)とは、雪山の登山時に使用されるビーコンでトランシーバーの一種です。

登山者やスキーヤーが雪山に入る際に、事前に身につけておき、万が一遭難した時や雪崩で雪の下に埋まってしまった際の位置特定に利用されます。

雪の中から電波が届くように、周波数が低く設定されており、広範囲に送信ができます。また、電池が長くもつ点も特徴となります。

 

その3: Webビーコン

Webビーコンは、WebページやHTMLメールのアクセス解析を行う際に利用される小さなサイズの画像を指します。

しかし、この画像は縦横1ビット程度のもので、ほとんど見えず、実際にはプログラムを指します。

ユーザーが、Webサイトにアクセスするたびにアクセス情報を専用サーバーに送信し、アクセス情報を記録しています。代表的なサービスにGoogle Analyticsなどがあります。

 

その4: iBeacon

iBeaconは、Apple社が発表した独自規格です。iOS7以降の全iPhoneに搭載されています(Android端末やWindows Phoneでも利用可能)。

また、専用のアプリをその都度立ち上げる必要がなく、バッググラウンドで処理できる点や、バッテリー寿命や精度の高さも魅力です。

 

Beacon(ビーコン)の活用例

 

ビーコン技術の活用事例としては、次のようなものがあります。

  • 探し物ビーコン
  • 見守りサービス
  • 屋内位置情報サービス

各サービスについて解説していきます。

 

例1: 探し物ビーコン

探し物ビーコンは、特定の探し物の場所を可視化できるビーコンサービスです。

図書館や店舗などで、書籍や作品などの探し物に近づくと通知が出たり、作品の前に立つと解説が流れるような仕組みがあり、顧客の利用満足度を高める目的で導入されています。

 

例2: 見守りサービス

見守りサービスは、子供や高齢者、また障害者の方にビーコン搭載のスマホを携帯させることで、位置情報を把握するものです。

認知症の方であれば、お守り型のビーコンを携帯させ、施設や自宅に設置した検知端末によって、在宅か外出を判別するサービスがあります。

また、子供に小型ビーコンを携帯させ、公園や学校に設置した検知端末で位置情報を特定するサービスも大いに利用されています。

 

例3: 屋内位置情報サービス

屋内位置情報サービスは、企業のオフィスビルや工場、病院などで活用されるサービスです。従業員の出社状況確認や会議室利用状況確認などの用途で利用されます。

近年では、コロナ禍でリモートワークを推進してきた企業がオフィス回帰を推進する動きがあり、その中での導入検討が進んでいます。

スマホに専用アプリをインストールすることで、従業員の行動が可視化できるため、簡単に導入でき、生産性向上に大いに活用できます。

 

参考: Beacapp Here(屋内位置情報サービス) | 所在地見える化でオフィス内の在席管理 | オフィス DX

 

まとめ

ビーコン技術は、他の位置測位技術よりも、位置測定精度が高く、電池消費量が少ないなどの理由からさまざまな場所で導入が進んでいます。

活用事例としては、プライベートからビジネスなどさまざまで、次のようなケースがあります。

  • ・探し物ビーコン: 無くしたものの位置特定
  • ・見守りサービス: 子供や高齢者、障害者の方の位置情報取得
  • ・屋内位置情報サービス: オフィスビルでの出社状況確認や会議室利用状況確認

 

ビジネス文脈でのビーコン技術活用であれば、オフィス内での業務効率化のために、屋内位置情報サービスの活用も検討されることをおすすめします。

 


▶︎株式会社ビーキャップ

https://jp.beacapp-here.com/corporate/

 

▶︎Beacapp Here|ホームページ

https://jp.beacapp-here.com/

 

▶︎Beacapp Here|Facebook

https://www.facebook.com/BeacappHERE/

 

▶︎Beacapp Here|Youtube

https://www.youtube.com/channel/UCSJTdr2PlEQ_L9VLshmx2gg

Pocket