2024/03/07

スマホ位置情報の設定方法!居場所を特定するアプリの活用法を解説!

Pocket

スマートフォンを持ち歩く現代人にとって、位置情報サービスは日常生活に欠かせない機能の一つです。

 

そこで、本記事ではスマホ位置情報の設定方法と、その活用法について深掘りしていきます。位置情報サービスを上手く活用することで、日々の業務をより効率的に、そして安全に進めることが可能です。

 

本記事を通じて、スマホ位置情報の設定方法と活用法の理解を深めていきましょう。
無料ダウンロード

 

位置情報とは?

位置情報とは、スマートフォンやタブレットなどのデバイスが現在地を特定するためのデータです。この情報は、GPS(Global Positioning System)やWi-Fi、携帯電話の基地局など、複数の方法を組み合わせて得られます。

 

位置情報を設定することで、地図アプリでのルート案内や、近くのレストランやショップの検索、さらには友達や家族の現在地を共有するなど、日常生活を便利にする多くのメリットがあります。

 

スマホ位置情報は屋内と屋外の2つが存在する

スマホの位置情報サービスは、主に以下2つに分けられます。

 

  1. 屋内位置情報取得目的のアプリ
  2. 屋外位置情報取得目的のアプリ

 

それぞれ詳しく解説します。

 

屋内位置情報取得目的のアプリ

屋内位置情報の取得に特化したアプリケーションは、主にビーコン技術を利用しています。

ビーコンは、小型の電子デバイスで、Bluetooth Low Energy (BLE) 信号を発信し、スマートフォンやタブレットなどの受信機がその信号を受け取ることで、ユーザーの正確な位置を特定することが特徴です。
大規模なオフィスビルや商業施設、病院など、広範囲かつ複雑な屋内環境でのナビゲーションサポートや、効率的な在席管理システムの構築に有効です。

 

ほかにも、企業が社員の行動を把握するために屋内位置情報アプリを活用するケースも増えています。

例えば、オフィス内の在席管理や、エリアの混雑状況の表示、緊急時の迅速な対応など、ビジネス運営の効率化とセキュリティ強化に活用されています。

 

また、このようなアプリケーションの導入は、オフィスのDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するうえでも重要な役割を果たしているでしょう。

 

参考:Beacapp Here(屋内位置情報サービス) 

屋外位置情報取得目的のアプリ

屋外での位置情報取得は、GPS技術を基盤としたアプリケーションが中心です。

GPSは、地球を周回する衛星からの信号を利用して、デバイスの正確な位置を特定するシステムです。

 

この技術により、屋外でのナビゲーション、地理的な情報に基づいたサービスの提供、友人や家族の位置共有など、幅広い用途で位置情報を活用できます。

 

屋外位置情報を取得するアプリケーションは、個人利用が主ですが、企業によるマーケティングや物流管理など、ビジネス用途でもその価値が認められています。

 

例えば、顧客の居住地域に基づいたターゲット広告の配信や、配送ルートの最適化など、屋外位置情報を利用することで、企業のサービス品質の向上と運営コストの削減が実現可能です。

スマホ位置情報機能の設定方法(OS別)

スマートフォンの位置情報機能は、日々の生活やビジネスシーンでの便利さを提供しますが、その設定方法はOSによって異なります。

 

ここでは、以下のOSに分けて具体的な手順を解説します。

 

  • ・Android
  • ・iOS

 

Androidの位置情報の設定方法

Androidデバイスで位置情報機能を有効にするには、以下の手順を踏みます。

 

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「位置情報」または「セキュリティ&位置情報」をタップします。(デバイスによって異なる場合があります)
  3. 画面上部のトグルをタップして、位置情報をオンまたはオフにします。
  4. 特定のアプリの設定を変更する場合は、そのアプリを選択し、設定します。

(参照:位置情報サービスのオン/オフ設定方法 【iPhone/iPad】|近畿日本ツーリスト

 

iOSの位置情報の設定方法

iOSデバイスで位置情報サービスを有効にする手順は、Androidとは少し異なります。具体的には、下記の手順で進めていきます。

 

  • 「設定」アプリを開きます。

  • 「プライバシー」をタップします。

  • 「位置情報サービス」を選択します。

  • 位置情報サービスをオンまたはオフに切り替えることができます。全体の設定を変更するか、アプリごとに位置情報の使用を設定することが可能です。

  • 特定のアプリの設定を変更する場合は、そのアプリを選択し、設定します。

(参照:位置情報サービスのオン/オフ設定方法 【iPhone/iPad】|近畿日本ツーリスト

 

スマホ位置情報機能を活用する際の注意点 

スマートフォンの位置情報機能は、日常生活で便利なツールですが、その利用には以下の注意点があります。

 

  • 1: 現在地情報が流出する可能性がある
  • 2: バッテリー消費量が増える
  • 3: SNS情報で個人情報流出の恐れあり

 

それぞれ解説します。

 

その1: 現在地情報が流出する可能性がある

スマートフォンの位置情報機能を使用する際、最も注意すべき点は、現在地情報が外部に流出するリスクがあることです。位置情報は、ユーザーの住居や行動パターンなど、個人に関する詳細な情報を含むため、これが不正に収集されたり、悪用されたりする可能性があるでしょう。

 

多くの企業はプライバシーポリシーを遵守し、個人情報の保護に努めていますが、例外も存在します。そのため、アプリをダウンロードする際はその企業のプライバシーポリシーを確認し、信頼できるアプリのみに位置情報のアクセスを許可することが重要です。

 

その2: バッテリー消費量が増える

位置情報機能の利用は、バッテリー消費量の増加に直結します。位置情報を取得するためには、デバイスが定期的にデータ通信を行う必要があり、これがバッテリー消費の原因となります。

 

特に、複数のアプリがバックグラウンドで位置情報を頻繁に更新している場合、バッテリーの減りが早くなるケースが多いです。この問題を避けるためには、使用していないアプリの位置情報機能をオフにするか、設定を変更して位置情報の更新頻度を低く保つことが推奨されます。

 

その3: SNS情報で個人情報流出の恐れあり

多くのSNSアプリでは、投稿に位置情報を付加するオプションがあり、これが意図せず個人情報の流出につながることがあるでしょう。

 

例えば、写真に含まれる位置情報から、ユーザーの自宅の住所や頻繁に訪れる場所が第三者に知られるリスクがあります。安全なSNS利用のためには、位置情報の共有設定を慎重に管理し、個人情報が外部に漏れないように注意することが必要です。

 

個人の位置情報に配慮した屋内位置情報サービスのBeacapp Hereとは

Beacapp Hereは、個人の位置情報に細心の注意を払いながら、オフィスや工場などの屋内環境で人や物の位置をリアルタイムで可視化するサービスです。

Bluetooth Low Energy(BLE)信号を使用するビーコンと、スマートフォンの組み合わせにより動作し、利用者の所在を正確に把握します。

 

特に、Beacapp Hereはビーコン設置箇所における位置情報の検知に特化しており、設置されていないエリアでの位置情報検知は行われません。これにより、ユーザーのプライバシー保護とデータの安全性が確保可能です。

 

Beacapp Hereは、リアルタイムでの所在把握、ワークスペースの予約、行動の可視化、および空きスペースの検索など、四つの主要な特長を持っています。

また、Beacapp Hereは導入が簡単で、スマートフォンがあればビーコンを設置するだけで利用可能。さらに、特許技術「検知向上用ビーコン」により、位置情報の精度と検知率が大幅に向上しています。

 

Beacapp Hereは、屋内位置情報サービスとしての導入社数とユーザー数ともにNo.1の実績(※2022年11月時点(株)東京商工リサーチ調べ)を持ち、多くの企業で活用されています。

 

個人の位置情報に配慮した安全な屋内位置情報サービスをお探しの方は、Beacapp Hereの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

位置情報技術は日常生活での利便性を高めるだけでなく、ビジネスの効率化にも貢献する重要なツールです。しかし、その利用にあたっては、プライバシー保護やバッテリー消費、個人情報の流出リスクなど、複数の注意点を考慮する必要があります。

 

Beacapp Here」のように、ユーザーのプライバシーを尊重しながら便利さを提供するサービスを選択することで、これらの懸念を最小限に抑えつつ、位置情報技術のメリットを最大限に得られます。気になった方は、お気軽にお問い合わせください。

 


▶︎株式会社ビーキャップ

https://jp.beacapp-here.com/corporate/

 

▶︎Beacapp Here|ホームページ

https://jp.beacapp-here.com/

 

▶︎Beacapp Here|Facebook

https://www.facebook.com/BeacappHERE/

 

▶︎Beacapp Here|Youtube

https://www.youtube.com/channel/UCSJTdr2PlEQ_L9VLshmx2gg

Pocket