2024/03/07

位置情報とは?設定・確認方法について解説

Pocket

位置情報技術は、私たちの生活に欠かせないものとなっています。目的地の検索、現在地の共有など、さまざまな利用用途があります。

 

しかし、具体的にどのような技術なのか、どのように活用されているのか詳しく知らない方もいるのではないでしょうか?

 

そこで本記事では、位置情報とは何か、そしてその設定や確認方法についてわかりやすく解説します。

 

本記事をお読みいただくことで、位置情報機能の特徴をしっかりと理解できるようになりますので、是非とも最後までお読みください。

 

無料ダウンロード

 

位置情報とは?

 

位置情報とは、スマートフォンやGPS機能を持つデバイスを使用して、そのデバイスが地球上のどこにあるかを特定するデータです。衛星からの信号を利用して正確な位置情報を計算し、現在地を把握しています。

 

位置情報の設定により、多くのメリットが得られます。まず、ナビゲーションの精度が格段に向上し、目的地までの最適なルート案内を受けられる点です。

 

また、緊急時の対応が迅速になり、事故や災害が発生した際には、位置情報をもとに救助隊が素早く現場に到着することが可能になります。

 

さらに、フードデリバリーやオンラインショッピングなど、生活を便利にするさまざまなサービスの利用が、位置情報を通じてよりスムーズになります。

 

例えば、最寄りのレストランからの配達時間の正確な予測や、最近の位置情報にもとづいたパーソナライズされた商品やサービスの提案が受けられるでしょう。

 

位置情報は何に活用されるのか?

位置情報技術には、主にGPSとビーコンという二つの異なる技術があり、それぞれが提供する機能や活用シーンには大きな違いがあります。

 

GPSは、衛星を利用して地球上の任意の場所の位置情報を特定するシステムです。この技術は、広範囲にわたる位置情報を必要とする場合に有効であり、地図アプリのナビゲーション、乗換案内、タクシー配車サービス、フードデリバリーなど、屋外での位置情報が求められる多くのシーンで利用されています。

 

一方で、ビーコンはBluetooth Low Energy(BLE)技術を活用した小型デバイスで、特定の場所に設置することでその範囲内のデバイスと通信を行い、屋内での精密な位置情報を提供するのが特徴です。

 

ビーコンは、屋内ナビゲーション、資産の追跡、在席管理など、GPSではカバーしにくい狭い範囲での正確な位置情報が必要なシーンで活用されます。

 

例えば、Beacapp Hereのような屋内位置情報サービスはビーコンを用いて、オフィスや商業施設内での動線分析や安全管理を可能にし、ビジネスの効率化や顧客体験の向上に貢献しています。

 

位置情報をオンにするメリット

 

位置情報サービスをオンにすることで、リアルタイムでの位置情報の更新が可能となり、日常生活や緊急時の対応において重要な役割を果たします。

 

例えば、タクシー配車アプリや見守りアプリを使用する際、正確で迅速な位置情報の提供が不可欠です。位置情報をオンにすることで、正確な位置情報がわかるため、タクシーの利用がしやすくなったり、見守りアプリによってお子さんがどこにいるのかがリアルタイムで把握できます。

 

さらに、位置情報をオンにすることで、ナビゲーションの利用時にも明確なメリットがあります。目的地への最適なルートをリアルタイムで提案し、交通状況に応じた迂回路を案内することが可能です。これにより、移動時間の短縮や燃料の節約にもつながります。

 

また、万が一の事態に遭遇した際、位置情報がオンになっていれば、救助隊は迅速に正確な位置を特定し、救助活動を行えるでしょう。これにより、救助までの時間を大幅に短縮し、場合によっては命を救うことにつながることも考えられます。

 

このように、位置情報をオンにすることで得られるメリットは多岐にわたります。日常生活における便利さから、緊急時の安全性の確保に至るまで、位置情報の活用は現代社会における必須の機能といえるでしょう。

 

位置情報をオフにするメリット

位置情報サービスをオフにすることで、以下のメリットが得られます。

 

  • ・スマホの通信量が節約できる
  • ・スマホのバッテリー持ちが良くなる
  • ・個人情報流出の防止

 

それぞれ解説します。

 

スマホの通信量が節約できる

位置情報機能を活用すると、地図アプリやナビゲーション、さまざまなリアルタイムサービスの利用に伴い、データ通信量が増加します。特に、リアルタイムでの位置情報の更新を頻繁に行うアプリを使用している場合、データ通信料の増加が大きいです。

 

しかし、位置情報をオフにするか、アプリを使用しているときのみ位置情報の使用を許可する設定に変更することで、スマホのデータ通信量を大幅に節約することが可能になります。これにより、データプランの制限を気にすることなく、スマホをより効率的に使用できるでしょう。

 

スマホのバッテリー持ちが良くなる

位置情報のリアルタイム更新は、スマホのバッテリーを消費する主要な原因の一つです。アプリをアクティブに使用していない時でも、バックグラウンドで位置情報を更新し続けることがあり、これが結果的にバッテリーの早い消耗につながるのです。

 

位置情報をオフに設定することで、これらのバックグラウンド通信を停止し、スマホのバッテリー寿命を延ばせます。これは、長時間外出する際や、充電の機会が限られている状況で重要です。

 

個人情報流出の防止

位置情報のオン・オフ設定は、個人情報保護の観点からも大切です。位置情報がオンになっていると、SNSへの投稿や、その他のオンラインアクティビティを通じて、個人の居場所情報が意図せず公開されるリスクがあるでしょう。

 

位置情報をオフにすることで、これらのリスクを回避し、自分のプライバシーを守ることにつながります。個人情報の流出を防ぐためには、位置情報の使用を慎重に管理し、必要な時にのみオンにすることが大切です。

 

位置情報のオン・オフは設定で確認可能

位置情報のオン・オフ設定は、デバイスに限らず「設定」アプリから直接行うことができます。具体的には、「設定」アプリ内の「プライバシー」または「位置情報サービス」のセクションを開くことで、位置情報のオン・オフを簡単に切り替えが可能です。

 

さらに、位置情報の設定はデバイス全体だけでなく、アプリケーションごとにも行えます。これにより、特定のアプリでは位置情報を使用する一方で、他のアプリでは使用しないといった、より細かいプライバシー管理ができます。

 

位置情報のオン・オフの設定手順

位置情報のオン・オフ設定は、個人のプライバシー保護やデバイスのバッテリー消費を管理する上で重要な機能です。ここでは、iPhoneとAndroidデバイスでの設定手順を簡単に説明します。

 

ただし、画面表示はOSのバージョンやデバイスによって異なるため、注意してご一読ください。

 

iPhoneでの設定手順

  1. 「設定」アプリを開きます。

 

 

 

  • 「プライバシー」をタップします。

 

 

 

 

  • 「位置情報サービス」を選択します。

 

 

 

 

  • 位置情報サービスをオンまたはオフに切り替えることができます。アプリ全体の設定を変更するか、アプリごとに位置情報の使用を設定することが可能です。

 

 

 

 

  • 特定のアプリの設定を変更する場合は、そのアプリを選択し、設定します。

 

 

 

(参照:位置情報サービスのオン/オフ設定方法 【iPhone/iPad】|近畿日本ツーリスト

 

Androidでの設定手順

 

  • 「設定」アプリを開きます。

 

 

  1. 「位置情報」または「セキュリティ&位置情報」をタップします。(デバイスによって異なる場合があります)

 

 

 

 

 

 

  • 特定のアプリの設定を変更する場合は、そのアプリを選択し、設定します。

 

 

 

(参照:位置情報サービスのオン/オフ設定方法 【iPhone/iPad】|近畿日本ツーリスト

 

まとめ

位置情報サービスを適切に管理することは、プライバシー保護、データ通信量およびバッテリー消費の節約、そして個人情報流出防止の観点から重要です。

ユーザーが自身のニーズに合わせて位置情報の設定を調整することで、デジタルデバイスの使用体験を最適化し、セキュリティを強化できます。

 

さらに、位置情報技術は、企業へ導入することでも多くのメリットを得られます。Beacapp Hereのようなサービスは、ビーコンの位置情報を活用して、オフィス内の在席管理や資産追跡など、ビジネス運営の効率化が可能です。

位置情報の活用に興味のある方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 


▶︎株式会社ビーキャップ

https://jp.beacapp-here.com/corporate/

 

▶︎Beacapp Here|ホームページ

https://jp.beacapp-here.com/

 

▶︎Beacapp Here|Facebook

https://www.facebook.com/BeacappHERE/

 

▶︎Beacapp Here|Youtube

https://www.youtube.com/channel/UCSJTdr2PlEQ_L9VLshmx2gg

Pocket