導入企業インタビュー
宮若市、トヨタ自動車九州
自治体での利用
宮若市 トヨタ自動車九州

ワクチン接種会場の人の位置把握に
Beacapp Hereを活用!

導入担当者インタビュー

Q.まず、新型コロナウイルスのワクチン接種のご状況を教えて下さい。
〜トヨタ自動車九州 石橋様

トヨタ自動車九州では、創業以来30年間、福岡県の宮若市において生産工場を運営して参りました。普段より地域や地域の方々に貢献していくということがトヨタ自動車としてのあり方だと思っており、宮若市様と共に色々な取り組みを行っております。そのような関係から、新型コロナウイルスのワクチン接種のオペレーションについて宮若市様よりご相談があり、直ぐに協力を申し出させていただきました。

〜宮若市 三嶋様

ワクチン接種の方法やオペレーションについては各自治体に任されており、効率的に高齢者を会場にご案内し、会場内でどのような流れで問診・接種・接種後の経過観察を行うのが良いのかを検討しておりました。そういった中で、トヨタ自動車九州様には会場までの送迎車の運営と、トヨタ生産方式をベースとした会場内のレイアウトや人流の導線構成などロジスティクスの設計について、相談をさせて頂いたという経緯となります。

〜宮若市 齋藤様

現在のワクチン接種は1日あたり約240名の高齢者を対象に行っておりますが、課題になっていたのは会場の駐車場のキャパシティや車などの移動手段を持たない方への対応になります。トヨタ自動車九州様に送迎車をご提供頂いたことで、交通渋滞を防ぐことができ、また移動手段を持たない方も接種に気兼ねなく参加頂けるようになりました。現在も1日あたりの75歳以上の接種対象者の約30%が送迎車を利用されています。

Q.Beacapp Hereの導入をご検討されたきっかけを教えて下さい。
〜トヨタ自動車九州 石橋様

送迎車のオペレーションを検討していく中で、車の管理は車載しているタブレットで可能だったのですが、接種者を会場に案内した後に、接種会場で所在がわからなくなってしまう高齢者がいないか、送迎車が接種者を会場に置き忘れたまま出発してしまうことがないか、など人の管理をどのように行うかが解決できない課題として残っていました。そのような中でビーコンで人の所在地を把握するソリューションが無いかと考え、ビーキャップのホームページにお問い合わせさせて頂いたという経緯となります。

Q.様々なビーコンソリューションがある中でBeacapp Hereを選定頂いた理由を教えて下さい
〜トヨタ自動車九州 石橋様

まず、ビーコンを使って接種者の居場所把握をするという方針を決めてから、接種開始まで2週間しかなく、それに間に合うスケジュールで導入できるというのが重要なポイントでした。Beacapp Hereは当社が期待していた機能がすべて揃っていたことと、受信機を工事して設置する必要がなく、既存のiPadを受信機として利用可能であることが決め手となりました。

<接種者の位置把握に関するオペレーション>
会場となった宮若市 マリーホール宮田
Step1
ビーコンは電波遮断ボックスに入れて車に保管し、接種者にはストラップを用意してお渡しする。
Step2
接種者の方には首からストラップを下げて頂いて、携帯して頂く。
Step3
接種会場には様々な場所に受信機としてiPadを設置してビーコンを検知。
Step4
スマホやタブレットでビーコンをお持ちの高齢者の方の現在地をリアルタイムで把握する
Q.導入にあたり、苦労された点などはありましたか?
〜宮若市 齋藤様

トヨタ自動車九州様からビーコンの活用をご提案いただいた際、最初は一体どういうものか?ということで疑問を持ったこともありましたが、トヨタさんから機能や導入する意味などをお伺いし、安心していましたので、導入についての抵抗感はなかったです。高齢者の方にビーコンをお渡しする際も「帰りの送迎時に間違えが発生しないように」ということで説明を行いまして、すんなり受け入れて頂き、大きなトラブルや混乱もありませんでした。

〜宮若市 三嶋様

ワクチン接種の会場にIoTの技術を導入するというのは、非常にめずらしい取り組みかと思いましたが、新しいものについては出来るだけ取り組んでいきたいという市長の方針もあり、導入させていただきました。システムも安定して稼働しており、大きなトラブルはなかったと思います。

〜トヨタ自動車九州 石橋様

会場にはアプリを入れたiPadを設置するだけだったので、非常に手軽に導入できました。現場のオペレーションとしても車でビーコンをお渡しし、接種を終えたらビーコンを回収するだけなので、現場の負荷も小さかったと思っています。

ユーザーインタビュー

Q.実際のご利用シーンなどをお聞かせください。
〜宮若市 齋藤様

接種会場を円滑に運営できている間は頻繁に画面を見て所在を探すということは無いのですが、送迎車に乗っていた人が受付に来ていない、送迎車が出発時刻になっても乗車されない、などのトラブルがあった際にビーコンが手がかりになるので助かっています。会場内を自力で探すこともできないわけではないのですが、こういったシステムがあるのと無いのとでは安心感はだいぶ違うと思いますね。

Q.今後について
〜宮若市 三嶋様

市では7月末までに65歳以上の高齢者の大部分のワクチン接種を完了させる予定です。暑くなってきて、体力的にも厳しい部分もありますが、トヨタ自動車九州様にも色々とご協力頂きながら、最後まで全力を尽くして参りたいと思っています。

〜トヨタ自動車九州 石橋様

弊社としてもワクチン接種のタイミングで地元である宮若市に協力することができ、嬉しく思っております。今回、ビーコンを実際に導入してみて非常に手軽に導入できて便利なものだと実感しましたので、本社工場への導入など色々と検討していきたいと思っています。

その他の事例を見る