beacapp HERE
導入企業インタビュー
日商エレクトロニクス株式会社
情報通信・IT事業者
日商エレクトロニクス株式会社

「どこにいるのか」までわかるBeacapp Hereで
社員の勤務時間を適正化し、更に働きやすい職場を目指す

【 事業内容 】

情報通信設備、IT基盤をはじめとする国内外の最新鋭ソリューションの提供

利用者数

850

検知エリア数

70箇所

導入担当者インタビュー

コーポレート本部/人事総務部/渡邉部長様

日商エレクトロニクス様のオフィスの様子
御社のオフィス活用に対する取り組みを教えてください。

弊社では様々な働き方に挑戦すべく、在宅勤務やサテライトオフィス勤務を積極的に取り入れて参りました。その後、調査したところ、本社の在席率が4割を切る結果になり、1人1席の固定席だと空きスペースが多くなってしまうことが分かりました。
そこで、レイアウトを大幅に変更し、会議室や打ち合わせデスク等の共有スペースを増やし、フリーアドレス制を採用することでスペースを有効活用することに致しました。

ビーキャップ社のBeacapp Hereを検討されたきっかけを教えてください。

フリーアドレスを実現するためにはペーパーレス化を進める、電話をモバイル化する、誰がどこで働いているかわからないなど課題がいくつかあった中で議論を重ね、屋内の位置情報を確認できるツールが必要だと思ったのが、検討を開始したきっかけです。

ビーキャップ社のBeacapp Hereを採用した理由を教えてください。

Beacapp Hereを採用した最大の理由はやはりコストです。ゲート式のものやセンサーを使ったものなど、他の方法も検討したのですが、数千万円のコストがかかるものばかりでした。その点Beacapp Hereは格段に安価で工事も不要で導入し易すかったのが大きいですね。
また、要件としては「誰が何階にいる」という粒度でなく、「誰が何階のどこあたりにいるか」までを知りたいということだったので、センサーやゲート式のものでは実現できませんでした。その点、Beacapp Hereではビーコンを持ち歩き、スマホを設置するだけで弊社の要望を満たすことができました。

ビーコンを受信するために設置されたiPhone
ビーキャップでは通信キャリアと連携しビーコン受信専用のスマホを安価にご紹介している
社員証とともに携帯されたビーコン
電池寿命が4年のカード型ビーコンを社員証とともに携帯
行動ログの活用など今後の展望についてお聞かせください。

私の部署でも在宅勤務、サテライト勤務に取り組んでおり、オフィスはフリーアドレスになりました。社員が決まった場所にいるわけではないので、普段はslack等のSNSを使ってコミュニケーションを取っています。
ただ、どうしても対面で話したいときもあるので、以前は電話やSNSなどでどこにいるのか居場所を聞いていました。しかし、電話の場合は出ないときもありますし、SNSの場合はすぐに返事が来ないこともあります。今は、Beacapp Hereで確認してから声を掛けに行くようにしていますね。

Beacapp Hereでは「どこにいるのか」までわかるので、会議室にいれば会議中だから後にしておこう、共有スペースにいれば休憩中かな、ということでその場に行って会話したりなど便利に利用させて頂いています。

ユーザーインタビュー

DX事業本部:有吉様

ユーザー様へヒアリング〜システムを利用した感想をお聞かせください。

Beacapp Hereでは社員の行動ログを蓄積できるのも大きな魅力の一つです。総務担当としては、リニューアル後のオフィスの活用状況を把握しておくことは非常に重要なので、例えば、会議室の利用率や利用頻度の高いスペースはどこなのか、などログを解析して見える化していきたいと思っています。

また、ファシリティの活用状況だけでなく、人にフォーカスした分析も可能だと思っています。例えば、フリーアドレスを採用したことで部署間の交流が増えているのか、また、よく交流している部署はどこなのかなども把握できるので、その結果によって今後のレイアウトを変更することも考えています。

弊社では、今回Beacapp Hereを採用するにあたり、勤怠システムとの連携を実施しました。来館時間と退館時間のビーコンログを自動的に勤怠システムに連携し、報告を受けている時刻と実際の在館時間に乖離がないかを確認しています。勤務時間を正確に把握することで、社員の勤務時間を適正化し、更に働きやすい職場を目指していきたいですね。

弊社ではチャットツールとしてSlackを採用し、テレビ会議システムも導入しているのですが、Beacapp Hereの位置情報をそれらのシステムと連携させることで更に便利なコミュニケーションツールになると思っています。そういった機能を追加して頂くなど、ビーキャップさんにはさらなる機能拡張を期待しています。

その他の事例を見る